コミュ障がノルウェーに留学する
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
イスラエルで行って良かった8つの場所・その1。
 
またご無沙汰してしまいました。
心配おかけしていたらすみません。こんにちは。
タオル2枚の犠牲を払いつつ無事ノルウェーに帰国した竹下です。

さて、今回もいつものように
少しずつ旅行記を書いていこうかと思ったのですが
残念ながら詳しく書き始めると3ヶ月くらい止まらなくなりそうなので!
ノルウェー日記じゃなくなりそうなので!
ざっくりオススメスポットを紹介するに留めようかと思います。ごめんなさい。

イスラエル旅行に興味のある方のお役に立てれば幸いです。



今日はテルアビブで気に入った所をご紹介。

テルアビブは国際連合によって認定された首都(2013年3月現在)で、
イスラエルの経済・文化の中心地となっています。
最近Googleのテルアビブオフィスが凄い!と話題になったので
名前を耳にした人もいるかもしれません。

そんな都市で最初にオススメするのは
1.カルメル市場
上野のアメ横を連想してしまった雑踏と商品の山。
ここカルメル市場では
庶民的な食べ物やお土産品、中東の雰囲気漂う服などが安く手に入ります。
もしお土産を探すなら、エルサレム等の観光スポットよりここで探した方がお得かも。
ファラフェル屋台で安く腹ごしらえするのもアリ!何より、見ているだけで楽しい所です。

大きな地図で見る



2.テルアビブビーチ沿い
ゆっくりしたい人にオススメ。
地中海で泳ぐも良し、散歩するも良し、カフェで風に吹かれるも良し。
ビーチは駅や中心街から西へと進んでいけばたどり着きます。

余裕のある人は更にそこから南に下って行くと、
古いジャッファ港が見えてくるはず。(写真上部の、灰色で薄っすら見えている部分)
ジャッファの辺りはベージュと青を基調とした石造りの街並みが美しく、
私が行った時にはブライダルフォトの撮影をしていました。
個人ギャラリー・フリーマーケット・骨董品屋なども多く並んでいるので、
お気に入りの掘り出し物が見つかるかもしれません。(地図はジャッファ港)




3.テルアビブ美術館
アート好きなら絶対に行くべき!と自信を持って勧められるスポット。
展示作品数の多さに圧倒されますので一日丸ごと予定を空けてから訪問してみてください。
入場料48NIS(≒1200円/大人料金)であの質と量なら損は無いはず!
ジャンルは古代の美術品から映像作品、現代ファッションまで様々。
展示コーナーごとに無料の簡易解説パンフレットが置かれているのも有り難いです。
個人的にこれまで見た中で五本の指に入る美術館。是非。
公式サイトはこちらから


大きな地図で見る



テルアビブの中心街付近は美味しい屋台(特にアイス屋)・スーパー
そしてひらけた公園があちこちにあるので
のんびり腰を降ろして食事しつつ
行き交う人々を観察するのも楽しいかもしれませんね。

次回はナザレ編!

イスラエル comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>