コミュ障がノルウェーに留学する
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
北極教会。

トロムソに着いて手始めに向かったのは
北極教会ことトロムスダーレン教会。

ノルウェーの建築家ヤン=インゲ=ホーヴィが
オーロラをイメージして設計したもので、
北欧らしいモダンなフォルムと
高さ12mの鮮やかなステンドグラスが有名とのこと。


教会は中心街のあるトロムソ島ではなくノルウェー本土の方にあるので
長い橋を渡って行かなければなりません。


ええ。足ガクガクでした。(※竹下は極度の高所恐怖症)
風びゅんびゅん吹くし。バス通れば揺れるし。

でもステンドグラス見るんだ!撮るんだぞ!と
自分を奮い立たせて行きました。

のっそり歩くこと15分。


到着。
教会は丸ごと三角形…。期待を裏切らない奇抜さです。

余談なのですがこの建物、
北極教会という通称で親しまれてはいるものの世界最北の教会ではないんだそう。
(実をいうとその世界最北の教会もノルウェーにあります。この国は北方面の開拓が凄い。)


教会前から来た道を振り返る。雪嵐5分前。

ここは海に面しているせいか天気がころころと変わります。
青空が見えたー!と思ったら10分後には猛吹雪になったり。
雪で前に進めないー!困ったー!と思ったらいきなり晴れたり。
今までにない貴重な体験でした。

道中、
日本人のお爺ちゃんお婆ちゃんのご一行にもお会いしました。
こんな寒いところまでご苦労様です。



さて。
イースター礼拝が終わるのを待って、中へ入ると…


わ、予想以上に綺麗。
直線的で角ばった形状なのですが、
光が柔らかく注いでいるので緊張感はあまり感じません。

そして
噂通りのステンドグラスには心奪われてしまいました。
耳を当てれば「くすくす、」と笑い声が聞こえてきそう。


(肝心の顔ががっつり隠れてる…) 
実際に見てのお楽しみ。

行ってみるとわかるのですが、
オルガンもモダンな風貌でちょっとびっくりします。

一見の価値ありでした。

ノルウェー紹介 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>