コミュ障がノルウェーに留学する
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
サハラに行って来ました。

よく見ると両の目の色が違う。おはよう。

シャウエンにさよならを告げ、私は再びバスに乗り込みました。
次の行き先は、おまちかね、砂漠です。
現地のガイドさんと値段交渉に成功し、
他の旅行者さん2人と一緒にツアーに参加させてもらうことに。

いやあ、ここから長かった。

バスと乗り合いタクシーを乗り継いで10時間。
さらにそこから専用車で砂漠の最寄りのホテルまで運んでもらいます。
なんて過酷!とこのときは思ったものの、
その先一週間も結局似たような長距離移動を繰り返すことになるのでした。
アフリカは広いのです。

「ねえモハメド、次の街までどれくらいだっけ」
「たったの200kmだよー」

アフリカは…広いのです…

狭い車にぎゅうぎゅう詰め。そのうち慣れました。

恐ろしいことに洗濯物を干したら40分で乾く。

シャウエンを後にして実に17時間。
なんとか昼過ぎにホテルにたどり着き、おのおのベッドにへたりこみました。
砂漠に実際に向かうのは夕方です。それまで一時の休息。
草壁の、風通しの良いホテル、というか宿泊所でした。日光すごかったなあ。

もう砂丘は目の前。

最高にクレイジーな野郎でした。好きよ。

仮眠をとって、らくださんの準備ができたところで、出発。
私の乗ったらくださん、とってもマイペースでなんだか気が合いそうでした。

「識別ピアスかゆいんですけど。」
「そのパンちょうだいってば。」
「平たい顔族なんて。」
「今はこっち行く気分じゃない。」
「あそこゴールじゃああああん(急に駆け出す)」


なかなか、ハラハラしたよ。

クレイジーならくださんに揺られて2時間。
最後の砂丘だけはみんな自分の足でてっぺんまで登って、
お尻を並べて夕日が沈むのを眺めていました。

環境音が無いに等しいので、
遠くの街のモスクから祈りの時を知らせるチャイムが鳴り響きます。


なにもない。

安い夜行バスじゃ眠れるはずもなく、
全身が痛くって、瞼は閉じかけて、
もう今にも倒れそうだったけど

「来てよかったなあ。」

とだけ思ったのを覚えています。



さらさらと風が砂を運ぶ中
みんなでタジン鍋を作って、
近くの集落におすそわけして、
それでも食べきれない分は猫にあげて、

砂漠の夜は永遠かと思われた時間の中に沈んで行きました。

モロッコ comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>