コミュ障がノルウェーに留学する
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
アトラスの湖。

モロッコの旅はまだまだ続きます。
実を言うとこの国の美しい自然は砂漠だけではありません。
ビーチもあるし、深い森もあるし、大きな山脈もあります。(冬にはスキーだってできます)

せっかくの機会だし、
今回は思いっきり街の喧騒から離れてみようじゃないか!と
ツアー仲間と一緒に砂漠の次にはアトラス山脈に登って参りました。
もちろん登ったのは私でなくタクシーですが。

「アッラー」の装飾文字。このセンス好きだなあ。

以前も書きましたが
アトラスを登る道は基本的にガードレールが無く、
(あってもベコベコで簡単に乗り越えられそうなやつ)
道自体も細くてくねくねしていて更には所々崩れている(!)のですが
そんな条件下でも運転手さんは容赦なくドリフトかましてくれます。

言うまでもなく、落ちたら確実に死ぬ高さです。

怖くて下にレンズを向けられない

「私高所恐怖症だったなあ。」
気付くときにはいつも時既に遅し。

結局、ベテランの運転手さんは車を危険に晒すこともなく
乗客たちを無事目的地の街・イミルシルまで運んでくれたのでした。いやあ尊敬。

ここは街のちょっと手前。休憩時間。

さすが?アフリカ。どこに行ってもサッカーしている。

部屋からの景色。

ホテルに荷物を置き、この街一番の目玉、湖を見に行きます。
結局名前はわからなかったのですが…この街の近く(アフリカでいう近く)には
一組の対になる湖があって、私達はそのうちひとつを散歩がてら見て来ました。


散歩というか…ひたすら1時間、なにもない道を歩くと。


少し開けたところに、それはありました。

きれいな糸蜻蛉も

砂漠と同じで、環境音がやけに少ない場所。

先ほど湖は対になっていると書きましたが
こちらの湖は女性を表していて、もうひとつは男性を表しているんだそう。
わかりやすいですね。


「あんな形の山、日本にもあったよね」
浅間山かな…?いや、多分富士山のことだろうな。色は全く違うけれど。笑

大きな角砂糖をドボドボ放り込んだ
モロッコのあまったるーいお茶を飲みながら
贅沢に波打際の時間を浪費する私達なのでした。

モロッコ comments(1) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








管理者の承認待ちコメントです。
from. - | 2013/06/20 08:25 |
<< NEW | TOP | OLD>>