コミュ障がノルウェーに留学する
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
アンダルシアを歩く。
すっかり好きになってしまった国、 
初めてのアフリカの国、
魅惑のモロッコともついにおさらばの時です。 

2日後友人のまどかさんとスペインのセビージャ(C)で落ち合う予定だというのに
直前までマラケシュ(A)で呑気に写真を撮っていたので

まずフェズ(B)という街までバスで9時間かけて移動し、仮眠をとってから
さらに電車・タクシー・船・バスを乗り継ぎ20時間移動(待ち時間含)という
ハードスケジュールになってしまいました。
 

大きな地図で見る

朝6時から15時まで、
そして
翌早朝1時から夜の21時まで。

革職人地区とか寄ってる場合じゃなかった

あははー。自業自得。
いつ盗難にあうかもわからないので移動中は一切眠れず
さらに電車が遅延するなんてトラブルにも見舞われましたが
案外、なんとかなってしまいました。

無事まどかさんと予定通り合流し
そこからはアンダルシア散歩。



40℃近い日差しの中、真っ白な建物の間を縫って歩き
アラブ・アンダルシア建築に魅了され
夜は小汚い、でも賑やかで楽しげな下町の酒場でフラメンコを鑑賞。


私にとっては2度目のスペイン訪問。
とりあえず「うわあああヨーロッパだああああ」この一言に尽きました。

・まずホステルにシャワーとトイレットペーパーが当たり前のようにある。
・皆さんポイ捨てなさらない。
・なんと英語が通じる。(モロッコに比べて、ですが)
・ベッドの上に虫がいない
・物価が高い(モロッコに比べて、ですが!)

そして、どっちを向いても、眩しいくらいに白い街並み。

21時でも明るい

私のお気に入りの街はカディス、そしてグラナダでした。

グラナダの酒場ではね、
お酒を1杯頼むとタパス(小皿料理)が無料でついてくるんです。
これは存分に色々お味見するしかありません。

旧市街も他の街に比べて一際眺めが良かったように思います。

真っ白なグラナダの街

実はこの夏から友人が1人ここに留学することになっていて、
私はとっても羨ましい。羨ましいぞ。


グラナダといえばもちろん…アルハンブラ宮殿も見て来ましたが、
これは写真ではなく是非ご自分の目で見て欲しいです。

すすーっと、狂気が背筋を滑っていくような、そんな砦でございました。

死ぬまでには、と思っていたものを20代で見られるなんて。
しあわせで、どうにかなってしまいそうでした。



アンダルシア、とーっても暑いけれど
イスラーム文化とスペイン文化が混じりあっていて
ちょっとした非日常に首を突っ込める地域。

またひとつ、
世界地図にお気に入りの場所が増えていきます。



p.s.

まどかさんと私が揃うと
必ず何かしらのハプニングが起こります。
今回も楽しませてもらいました、むちゃすぐらしあす。



それでは、今日はここまで。

スペイン comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>