コミュ障がノルウェーに留学する
ゴシック地区のカテドラル。
 
せっかくのノルウェー日記だというのに、
旅行先のことばっかりですね…笑

書きたい出来事、載せたい写真がありすぎて
なかなか北欧の近況が書けずにいますが

Facebookの方では
ちまちまと更新しているので
良かったら覗いてみてください。

このページでも
早く追いつけるように頑張ります。



では、今日は。

Catedral de la Santa Creu
サンタ・クレウ教会

通称カテドラルのレポ。


人がうんざりする程いたので、
避けようと思って撮ったら
外観がこんな不自然な一枚に。

ものすごく後悔しています。涙



それはともかく…


↓少し拡大

ザ・ゴシック様式。

彫刻家を尊敬します。
気の遠くなるような、緻密に作られた芸術。


4人が凛々しい。格好良いです素敵です…!(とキャーキャーしてみる)



ちなみにこのカテドラル
13世紀から150年以上かけて建てられました。

イスタンブールで見たような
大きな建物ではないけれど、
納得できる工事期間ですね…



その日は
夕方以降のみ入場無料だったので、
しばらくしてから内装を見に再訪しました。




「うわ…」


宗教に関わらず、
神の為に作られた場所は美しいですね。




マリア様。
この教会にはたくさんの聖職者・聖人の像があります。


わかるでしょうか、あのザビエルです。


擦り剥けた痛々しい膝まで再現してあります。



これら像の前では、
お金を払い蝋燭を灯すことも可能。


コインを入れたら自動的に灯る電気式のもの


実際に自分で灯す蝋燭もありました。



礼拝堂の横にも聖像が並ぶ回廊があるのですが


なんと、中庭があります。
池も植物もあって


アヒルさんもいます。

ミサの時間だっていうのに、
喧嘩を始めてうるさかったです。笑



上の子らがいるのにはびっくりしたけれど…

ゴシック建築の傑作、
サンタ・クレウ教会。

一見の価値ありでした。

スペイン comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>