コミュ障がノルウェーに留学する
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ある日の服装。
 
本日のオスロ

最高気温-8℃
最低気温-13℃
森の辺りはほぼ無風、海辺はそよ風あり

ヘルシンキやストックホルムに比べればまだ暖かいですが、
それでも日本人にとって寒いのに変わりありません。

そんな日の私の服装。何かの参考になれば幸いです。



外出には分厚いコートが欠かせません。
私は毛皮のコートを着用していますが、
風を遮断するダウンコートやウィンドブレーカーも効果的。
(現地調達ならHELLY HANSENというアウトドアブランドがオススメ)

冷気をいかに体に触れさせないかが、
体温を奪われないようにする鍵だと思います。


耳や手、頭周りの防寒はマスト。
フードを被るのも◎


靴は裏地がモコモコしているブーツを推奨。

私が持っているのは
ちゃんとしたスノーブーツではないので、
靴下を重ね履きすることで暖かさを補っています。

でもやっぱり浸水したときがツライですね。
凍傷とまではいかないものの、ひどい霜焼けになったことが。
手持ちがスノーブーツでないなら
防水スプレーくらいはかけておいた方が無難かも。

道が凍っている日も珍しくないので、
靴裏は滑りにくいものを選んで。


アウターの中は意外と軽装備でも大丈夫だったりします。

タンクトップ
Tシャツ
カーディガン

長スカート
毛糸のパンツ
タイツ×2
靴下×2

北欧の屋内は割と暖かいので(私の部屋は24℃)
温度調節ができるように薄いものを重ね着するといいかも。
日本の冬で頼りがちなヒートテックは
部屋の中で暑くなってしまうかもしれないので、
あんまりおすすめできません。



ただ、
外気が-15℃を下回る日には中もしっかり着こんで。
(出来れば5枚くらい)
スカートは絶対に避け、タイツの上からズボンを。
男の人もタイツ代わりに
股引など準備をしておいた方がいいかも。
現地のH&Mでも売っています。



さらっとこんな感じでしょうか。

日本で手に入る防寒具でも
十分対処できるのでは、と思います。

準備不足でつらい思いをしたという話はよく聞くので
冬の北欧を訪れるときには服装の準備は
怠らないようにしてくださいね。

それではまた。

日常 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>