コミュ障がノルウェーに留学する
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
イスラエル二日目です。

現地時間は22:00近くです。
エレヴ トーヴ!(ヘブライ語でこんばんは)

ただいまイスラエル・ナザレのホステルよりこれを書いています。

無事にハイファ大学に留学中の友達とも会うことができ、更に現地の子まで紹介してもらいました。
明日はその子と一緒にナザレの街をゆっくりまわる予定です。
今回も出会いに恵まれ、トラブルは今のところなし。

とりあえずの経過報告でした。

p.s. 子供は万国共通で無敵ですね、ふふ


独り言 comments(0) -
世界のおへそ。

最初に断っておきます、
今日は至極どうでもいい私事について書きました。
あらかじめご了承ください :)



Facebookで友人向けに報告したので
既に知っている人もいるかもしれませんが、
先日次回の旅行先が決定したところ。

個人的にかなり行きたかった、イスラエルです。
留学前からずっと行きたいと連呼していて
周りに「何言ってんだコイツ馬鹿なのか」と思われていたぐらいです。(後日談)

どうしてイスラエルなのか。

実は私小さい頃に
聖書を読んでいた時期があったんです。

私自身はキリスト教徒ではないのですが…
なんと説明すればいいでしょうか、
本棚の中に聖書があってそれを絵本みたいに読んで育ったんです。
(後に、聖書と五輪書を読ませるのが親の教育方針だったと知る)

元々歴史書や偉人伝の類が好きな質だったんでしょう。
宗教への敷居の高さをまだ感じていない年頃だったこともあって(今もそれ程無いですが)、
「読んでて面白いな、良い事言ってるな」くらいの感覚だったと思います。

特に旧約の創世記はドラマチックな展開が多く、
何代にも及ぶ民族の壮大な人間模様が描かれていたので
今も強烈に印象に残っています…

10年以上前の出来事とはいえ、
自分の人格形成に深く関わったかもしれない本の舞台…
ということで、好奇心を抑えられませんでした。

留学中の機会を逃したら次回いつになるかわからないですしね。


幸運なことに、
イスラエルには同じ大学から留学している日本の友人がいて、
今回もし都合が合えば会ってもらえるかもしれません。
(私のより100万倍面白くてタメになる、友人くまさんのイスラエルブログはこちら)



出発は2週間後。
「世界のおへそ」で、私は何を見て何を思うのだろう。
何を撮ることができるだろう。何を感じ何を伝えられるだろう。
わくわくが止まらないな。



最後に、全く関係ないけれど
感銘を受けた映像をひとつ貼っておきます。
日本人のご夫妻がかの名所で撮ったものです。


晩御飯を作ろうっと。

独り言 comments(0) -
ほうら。
 
朝がやってきた。




#now playing
morning / YeYe

独り言 comments(2) -
<< | 2/6 | >>